看護研究するならWindows?Macbook?

スタバなんかに行くとよく見るmacbookで作業している人。
そんな人にあこがれてmacbook買っちゃいました。
ただ、看護研究でパソコン使うならどっちがいいんだろうなと。
結論が見えているかもしれませんが比較しちゃいましょう。

看護研究するならwindows??

病院ではwindowsが主流

病院も含め、看護をはじめとする医療系ってwindowsが多いんですよね。
ということはwordやexcel、powerpointといったofficeが多用されています。
excelで分析して(それがいいかは別にして)、wordで原稿作成して提出ってパターンが多い。
互換性という意味でもwindowsが有利と言えます。

買うなら価格面で有利

macbookに比べwindowsは低価格で購入することができます。
もちろん、価格が下がると、機能がそれなりものにはなりますが、wordで文章を書く段階では問題ないかと。
ただし、officeがついたPCとなるとそれなりの価格になるのでその点は注意です。
また、せっかく買うのでいろんなことをしたいとなるとやはり価格が上がってきます。

看護研究するならmacbook??

やっぱりかっこいいよね

今、macbookを使っていますが、starbucksなんかにいっても格好いいなぁと思います。
まぁ個人的な趣味のレベルですが・・・(笑)

officeはmacbookでも使える

先ほど、windowsの部分でofficeが使えるから有利と書きましたが、macbookでも使えます。
mac版のofficeもありますし、年間契約のサービスもあります。

そもそもofficeは必要か?

ただ、そもそもofficeが絶対に必要かと言えばそうではないと思います。
原稿を書くなら、家でメモ帳などを使ってデータを作成し、病院のwordに貼り付けて提出することもできます。
また、evernoteなどで原稿を作成することもできます。
他にもofficeに互換性のあるサービスはたくさんあるので探して見るといいかもしれません。
ちなみに個人的にはexcelでデータ処理するのはあまりオススメしません。
それはまた別の機会に・・・。

まとめ

看護研究をするにあたり、windowsとmacbookを簡単ですが比較して見ました。、
基本的にはwindowsがオススメですが、
他に使いたい用途があるならmacbookでもいいと思います。
看護研究ではほとんど使いませんが、画像編集やデザイン分野のソフトウェアにはmac限定のものが多くあります。
最近は、様々なwebサービスがあり、それを活用すれば、大きな差は生まれないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る