旅の作り方~旅先でどこに行く??~

みなさんはどうやって旅の行先探してますか??

例えば東京に行くとしても観光地は無数。
そんな中でどうやって行先、目的地探しをするか紹介してみたいと思います。

観光ガイド

よくあるのは、本屋さんで観光ガイドを購入してしまう方法。
有名なところは、ほとんど載っていますし交通手段や食事などもわかりやすいです。
よく使われるのは「るるぶ」か「まっぷる」。

よほどのこだわりがなければ、どちらでも大丈夫でしょう。
一部のるるぶは、kindleUnlimitedの対象になっているので会員ならるるぶの方がオススメ。
電子書籍になっていたり、クーポンがついていたりするので上手く使えば手軽に目的地を探すことができます。
ただ、よくも悪くも有名なところが多いので少しマニアックな旅をしたい時には向かないかも。

ここがgood!!

  • 情報がまとまっていて、載っているところに行けばハズレのない旅行ができる!!
  • そんなに大きくないので旅先にも持っていける。
  • 電子書籍になっていたり、クーポンがあったり。
ここがbad!!

  • 掲載量が限られるため、有名なところしか載っておらず、「こういう旅行がしたい」というテーマがある人には物足りないかも。
  • 一定のエリアごとに1冊になっているので掲載エリアをまたいで旅行したい場合は、2冊以上必要。
  • 交通手段は掲載量が少なめなのでいざ行ったら1日数本だったなんてことも。

検索サイトで「〇〇+観光」

今や、ネット社会。googleやyahooで検索すれば、おすすめルートや観光マップなどを探すことができます。
観光ガイドとだぶるところもありますが、インターネットで情報を検索するときのgoodポイントは、次の情報にすぐアクセスできること。
公式サイト・公式ホームページにリンクがある場合が多いですし、なくてもそこからさらに検索することも簡単にできます。

ここがgood!!

  • いつでもどこでも情報をゲット。離れた友達とも同じ情報を共有できる。
  • 旅先でもスマートフォンがあればすぐに検索可能。
  • 検索キーワードを追加すれば、旅の仕方に合わせて情報をゲットすることが可能。
ここがbad!!

  • 紹介している地域の広さが違うので注意。
    例えば、「京都」でも京都中心部なのか、宇治なども含むのか、京都府内なのかなどなど。
  • その情報が最新かどうか??イベントによっては時期が限定されている場合もあるので注意。また、閉館日なども書かれていないことがあるので注意を。

Trip Advidser

最近、よく使うのが「Trip Advidser」。



このバナーみたことあると思います。
ホテル予約サイトと思われているかもしれませんが、観光地情報がかなり載っています。
(個人的には観光地情報のサイトだと思っていました。)

ここがgood!!

  • 観光地の情報からホテル、飛行機まで検索ができる。
  • 検索結果からの関連情報の表示や地図での近隣情報検索が便利。
  • 写真や口コミがたくさんあるので、雑誌などからいきたい場所を絞って探すのにも役立つ。
  • 英語の口コミも掲載されているので意外な場所を発見できるかも
ここがbad!!

  • 情報が多すぎるのであれもこれもと欲張ると当日しんどくなりそう。
  • 登録されていない場所でないと検索できないので、情報の偏りには注意。

4travel

最近、よく使うのが「4travel」

簡単にいうと旅行記がいっぱいあるサイトです。
どこにいきたいというのをピンポイントで探すこともできますが、その他にどこに行ったかも見ることができます。
もちろん、「〇〇に行きました」だけの旅行記もありますが、かなり詳しく書いてある旅行記も。
行きたい場所がハマれば、ルートなども真似して回れるのでルート作りの負担が大幅軽減。

ここがgood!!

  • 目的地だけでなく、近くにある観光地の情報もゲット。
  •  観光地だけでなく、そこへの行き方や回る順番などの情報も。
ここがbad!!

  • マニアックな情報や少し古い情報には注意を。
  • 自分が行きたい場所が必ずしもあるわけではないので、その時には他のサイトでチェック。

現地ツアー

国内でも海外でも、電車でもバスでも行けず、「行きたいけどどうやっても行けない」というところが結構出てきます。
国内であれば、レンタカーという選択肢もありますが、海外では使いづらい。
そんな時にオススメなのが現地ツアー。
旅行会社が主催や委託しているツアーもありますが、自分で予定を組んでいる時には「Veltra」がオススメ。
自分が知る限り、唯一の現地ツアー専門サイト。



使い方は、エリアを選んで行きたいツアーに申し込み。

ここがgood!!

  • 日本で日本語で予約できる。
  •  支払いもオンラインで可能なツアーも
  • なかなか体験できないプランも
  • 現地ツアーならではのルートも
ここがbad!!

  • 現地での案内は現地語だったり、英語だったり。
  • 価格はさまざま、ご飯や入館料などの別料金は要チェック。
  • 空港との送迎プランなどもあり。

まとめ

今回は、大きな目的地を決めた後に困る観光地の探し方を紹介しました。
個人的には、4travelをみていると旅行に行きたいと思えるので、大好きです。
次回は、実際にどんなスケジュールを組むのか紹介してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る